PlayerBucketEventで取得可能なデータ
//$itemはアイテムオブジェクトとします
$event->getBucket() //バケツ取得
$event->getItem() //処理後持っているものを取得
$event->setItem($item) //アイテムに持たせる
$event->getBlockClicked() //触ったブロックを取得
$event->getBlockFace() //ブロックの面を取得